耳鼻咽喉科 かとう医院
診察時間
午前 8:30〜12:00
午後15:30〜19:00

土曜日13:00まで受付

トップページ
医院紹介
周辺地図
病気・症状の説明
電話予約システム
リンク
電話予約システム 前日から24時間予約していただけます。
もの凄く危険な病気 急性喉頭蓋炎
病気・症状の説明
かぜ・インフルエンザ
| かぜ症候群 | インフルエンザ |
病気・症状の説明トップに戻る
かぜ症候群
原因 原因はウイルスに感染することです。その原因ウイルスは200 種以上あると言われています。
主なものは、ライノ・ウイルス、コロナ・ウイルス、パラインフルエンザ・ウイルス(下記のインフルエンザウイルスとは違うものです)、RS ウイルス、アデノ・ウイルスなどです。
感染経路
代表としてのライノ・ウイルスではくしゃみや咳の飛沫そのものを吸入したり、患者さんが触れたものから感染することが解っています。
症状 症状はくしゃみ、鼻水、咳、ノドの痛み、発熱などです。
こじらせば、気管支炎や肺炎を引き起こすこともあります。
対処 治療は、たとえば咳には咳止め、鼻汁には分泌を抑えるクスリ、ノドの痛みや発熱には鎮痛解熱剤など、それぞれの症状に合わせたクスリを出します。
患者さんのそれぞれの病期により漢方薬が効果的です。
薬で症状を抑えることはできますが、治癒の為に最も大切なことは、十分な水分の補給と栄養豊富な消化の良い食事を摂取すること、そして安静にしていることです。 “かぜは万病のもと”です。
家庭でできる予防法
流行時にはマスクの着用を心掛けましょう。ウイルスの吸入を防ぐマスクも販売されていますが、きめの細かな花粉症用マスクなどの内側に、水分を含ませたガーゼを入れて使えば十分の効果が得られます。うがい・手洗いも非常に有効です。
このページのトップに戻る
インフルエンザ  
 
原因 インフルエンザウイルスにより発症します。
このウイルスは患者さんのくしゃみや咳の飛沫として空気中に放出され、直後から乾燥して長時間、空中を漂っています。
このような空気を吸って、爆発的な流行がおこることがわかっています。
インフルエンザはかぜ症候群を発症するものとは別格扱いされています。
症状 症状は激しく、突然38℃以上の高熱を出し、悪寒、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛などをともないます。
幼少児では脳炎や脳症を、老人では肺炎をおこすことがあり、死に至ることもあるので注意が必要です。時に高熱の出ない場合もあります。
対処 まず予防接種を受けることをお勧めします。
もし自分や家族にこの病気特有の症状がある時は、医療機関を早く受診して、受付でそのことを正確に伝えて下さい。検査キットで約10分後に診断できます。
感染後48時間以内であればウイルスの増殖を抑えるクスリもあります。
しかし このクスリの一部には副作用として異常行動を起こす可能性が問題となっているものもあり、使える患者さんの対象が限られているため注意深く使用する必要が有ります。
そこで予防接種の必要性が益々クローズアップされます。
当院では例年9月から予約してもらって10月15日から実施しています。
家庭でできる予防法
流行時にはマスクの着用を心掛けましょう。ウイルスの吸入を防ぐマスクも販売されていますが、きめの細かな花粉症用マスクなどの内側に、水分を含ませたガーゼを入れて使えば十分の効果が得られます。うがい・手洗いも非常に有効です。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る トップページに戻る
Copyright (C) Dr. Kato's office Inc. All Rights Reserved