耳鼻咽喉科 かとう医院
診察時間
午前 8:30〜12:00
午後15:30〜19:00

土曜日13:00まで受付

トップページ
医院紹介
周辺地図
病気・症状の説明
電話予約システム
リンク
電話予約システム 前日から24時間予約していただけます。
もの凄く危険な病気 急性喉頭蓋炎
病気・症状の説明
副鼻腔炎(一般に蓄膿症として知られています)
| 副鼻腔炎 |
病気・症状の説明トップに戻る
副鼻腔炎
画像
鼻茸(はなたけ)
病態 両眼球の下方に位置する上顎洞(じょうがくどう)、眼球の間にある篩骨(しこつ)蜂巣(ほうそう)、眼の上の前頭洞(ぜんとうどう)、篩骨蜂巣の奥下方の蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4カ所を副鼻腔といいます。
これらのどこかに炎症のある状態が副鼻腔炎です。
かぜ症候群のウイルス感染から、細菌が繁殖して副鼻腔の炎症を悪化させます。
症状 膿性鼻汁が増加し、鼻の奥から口やノドへの落下、鼻づまり、頭重感、眼球奥の痛み、前頭部痛、眼の下の痛みなどの症状が出てきます。
対処 抗生剤や消炎剤、鎮痛解熱剤の内服により治療します。
重症になれば抗生剤の点滴静脈注射が必要となります。
急性の場合と、以前から慢性的に存在し、かぜ症候群に伴って急に炎症が悪化するときがあります。
しかし、慢性副鼻腔炎のある患者さんは副鼻腔粘膜の腫脹産物である鼻茸(写真参照)が鼻腔に落下してきているため、普段から鼻づまりがあるのが一般的です。
慢性副鼻腔炎は鼻内内視鏡手術を受けると治ります。
しかし、術後の処置が非常に大切です。
主治医の指示に従って一定期間、処置を続ける必要があります。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る トップページに戻る
Copyright (C) Dr. Kato's office Inc. All Rights Reserved