耳鼻咽喉科 かとう医院
診察時間
午前 8:30〜12:00
午後15:30〜19:00

土曜日13:00まで受付

トップページ
医院紹介
周辺地図
病気・症状の説明
電話予約システム
リンク
電話予約システム 前日から24時間予約していただけます。
もの凄く危険な病気 急性喉頭蓋炎
病気・症状の説明
声がれ(嗄声)がおこる病気
| 急性喉頭炎| 声帯ポリープ | ポリープ様声帯 | 声帯結節 | 喉頭癌 | 反回神経麻痺 |
病気・症状の説明トップに戻る
急性喉頭炎
画像
※写真は重症例です。
かぜ症候群から続発してきます。
それに細菌感染も関係してきます。
咳や痰のからみ、ノドの痛みをともなっています。
このページのトップに戻る
声帯ポリープ
画像 声をよく使う職業の人々によくみられます。軽い場合は沈黙療法が有効ですが、手術が必要になることが多くみうけられます。
このページのトップに戻る
ポリープ様声帯
画像 声帯の大部分が強く浮腫状に腫れてしまいます。
喫煙者に多く慢性の経過で起こります。
低音性の声がれが特徴で、病状が両側性に進行すると呼吸困難をきたすこともあります。
このページのトップに戻る
声帯結節
画像 声帯の前1/3の部位の両側に結節性隆起ができます。
声を過度に酷使する職業にできやすいものです。
声の安静が必要です。
このページのトップに戻る
喉頭癌
画像 喫煙歴の長い男性によく発生します。
声がれが1ヶ月以上続く場合は専門医を受診してこの病気でないことを診てもらいましょう。専門医がファイバー・スコープで診れば解ります。
初期に治療を開始すれば治ります。
このページのトップに戻る
反回神経麻痺
声帯を動かす神経の病気です。
この神経の走っている部位のどこかに病変があるために声帯が動かなくなり、声がかれてきます。肺がんや大動脈・甲状腺の病気が原因のこともあります。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る トップページに戻る
Copyright (C) Dr. Kato's office Inc. All Rights Reserved